PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほろよい

花火会場から帰ってくると、家の中は2、3時間前とはうって変わって静かになっていた。

「「たっだいま~♪」」

「亜美、真美! まずは手洗って来い。色んな所触りまくってただろ?」

「はぁーい。んじゃ、やよいっちもいこっか♪」

「あ、はっはい!」

「てかさてかさ、汗かいちゃったしこのままシャワー浴びちゃおうよ~」

どたどたと足音を立てながら、3人は洗面所へ向かっていった。

風呂入るんなら俺は台所で手を洗うかな……


リビングに入ると、すぐさま目に飛び込んできたものがあった。













こっくり



母さんのうたたね姿。さつきさんもすぐ傍にある別のソファーの上で丸まったいる。

ガラスのテーブルには空になったお酒の瓶。

全く……そんなにお酒強くなんだからほどほどにしとけばいいのに。

軽く手を洗い、母さんに近付いて声をかける。


「母さん、そんな格好で寝てると風邪引くよ?」

「う~ん……そうかもねぇ……」


一応声は届いているようだが、ほとんど寝ている状態のようだ。

はぁ……しょうがないなぁ。

崩れた浴衣を軽く整えて、母さんの身体を持ち上げた。

あれ、母さんってこんなに軽かったっけ?

そんな感想を抱きつつ、そのまま寝室のベッドへ運んでいった。
スポンサーサイト

| 短編番外話 | 00時27分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

仲良いなぁ。
こういう平和な家族いいですね。
花火ですか、そういえばもう7月で夏突入でそういう季節になったんですね。

| tag | 2008/07/02 00:48 | URL | ≫ EDIT

お酒が入って体が熱くなってるんですね。わかります。

| 桃月 | 2008/07/02 02:45 | URL | ≫ EDIT

ふぅ・・・

なるほど火照った体にこそ人間の神秘が隠されていたんですね?わかりました。

| length | 2008/07/02 03:39 | URL | ≫ EDIT

落ち着け…この人は三児の母で実の母親なんだ…!
だ、だからこそ触っても、という選択s

いやいやいやいや!これはPの罠だ!落ち着け俺!

| mameani | 2008/07/02 10:14 | URL | ≫ EDIT

あ、じゃぁ僕はさつきさんを運ばせていただきますね。

これが夏の風物詩ってやつですね。心眼が発動します。

| 如月俊介 | 2008/07/02 19:08 | URL | ≫ EDIT

エロいです。はい

| 二階堂財閥 | 2008/07/03 00:05 | URL | ≫ EDIT

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡  おっぱい!おっぱい!
  (  ⊂彡
   |   |
   し ⌒J

| | 2008/07/03 21:54 | URL | ≫ EDIT

母上の声の

母上の声は
藤田咲氏でしょうか・・・。
絶対そうだな・・・。
やよいママが氷上恭子氏でしょうか・・・。

| tomohiro | 2008/07/06 17:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://hutamiyoup.blog26.fc2.com/tb.php/117-8e2105d4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。